生きる柄 | 明日からイクメンになる。

文章力を磨くため、“こと柄”を時間がある時に書いています。

グレゴリーの哲学(背負うのではなく、着る)をTシャツで表現してみた。

かれこれ約20年グレゴリーに取り憑かれてるというか、取り憑いてるというか。そこまでグレゴリー に魅了されるのは何故なのか。グレゴリー「Don't carry, Wear it. (背負うではなく、着る)」といったウェイン・グレゴリー氏の哲学による背負い心地やフィット感などに魅了されてるのだが、別の何かがあるような気がしてならない。

 

なんてことを考えているときに、グレゴリー の哲学「背負うのではなく、着る」をTシャツで表現できたらおもしろいし、カッコイイものができるかも!?しれないと思ったので、色あせで使用しなくなったグレゴリーをTシャツにしてみることにしました。

 
 

その1[グレゴリー ブラッククラッグ ロングスリーブ Tシャツ]

グレゴリーのどのバックパックがTシャツになった時に1番カッコいいのか検索しながら考えてたら、ブラッククラッグの特徴あるデイジーチェーンが目に止まり、Tシャツのデザインに落とし込むことができたら、きっとカッコイイはずと思い。ブラッククラッグTシャツを作ることにしました。

 

グレゴリー ブラッククラッグ ロングスリーブ Tシャツ

nobaki on Instagram: “カラビナで何を吊るそうか悩む、ハンガーで吊るしたブラッククラッグロンT。 . #outdoor #アウトドア #fishing #フィッシング #camp #キャンプ #hiking #ハイキング #hike #ハイク #longsleevetshirt…”

 

自分で言うのもアレなんですが、「おおっ!」ってなりました。想像以上にカッコ良くできて大満足。

 
 

f:id:novirchy-blog:20190422075236j:image

nobaki on Instagram: “カラビナでスタッフバッグを吊るしたブラッククラッグロンT。 . #outdoor #アウトドア #daycamp #デイキャンプ #camp #キャンプ #longsleevetshirt #ロングスリーブTシャツ #lstee #ロンt #daisychain…”

 

グレゴリー のTシャツは持ってなかったので、グレゴリーを着るのはこの日が初めて。ブラッククラッグは何か吊るしたくなりますよね。ってことで、キャンプのテント設営の時に油断してたら風で飛んでっちゃうスタッフバックをカラビナで吊るして見ました。

イカンジ!

でも、PPベルトが「ピンッ!」ってなって少し型くずれするので、アディダスのジャージのようなゴムでも良かったと思いました。ブラッククラッグもいつか手に入れたいな。

 
 

その2[グレゴリー クイックポケット Tシャツ]

 

グレゴリー クイックポケット Tシャツ

nobaki on Instagram: “リメイクにハマってしまった。ジップが破損したクイックポケットをリメイク。 ハンガーで吊るした、煙草を入れる予定のクイックポケットT。 . #outdoor #アウトドア #fishing #フィッシング #camp #キャンプ #hiking #ハイキング…”

 

味を占めてしまったので、作れるだけ作ってみようと思って次に作ったのがクイックポケットのポケットTシャツ。これまた、「おおっ!」ってなりました。しいて言えば、クイックポケットが420デニールのタイプの薄い生地だったらもっといい感じに仕上がってたと思いました。にしてもミシンがヘタクソ過ぎる。ほどくとTシャツに穴が開きそうなので縫い直しできず。縫製がヘタクソなので着るのはいつの日か。

 
 

その3[グレゴリー デイ&ハーフ ロングスリーブ Tシャツ]

 

グレゴリー デイ&ハーフ ロングスリーブ Tシャツ

nobaki on Instagram: “よくわからない感じになってしまった。 ハンガーで吊るした、デイアンドハーフロンT。 . #outdoor #アウトドア #fishing #フィッシング #camp #キャンプ #hiking #ハイキング #hike #ハイク #longsleevetshirt…”

 

よくわからない感じになってしまいました。着るのにはちょっと勇気がいるのでいつの日か着たいと思います。

 
 

その4[グレゴリー デイパック Tシャツ]

 

グレゴリー デイパック Tシャツ

nobaki on Instagram: “ミシンがヘタ過ぎてイヤになる。色褪せて使用してないデイパックをリメイク。 ハンガーで吊るした、デイパックポケットT(ダミーポケット)。 . #outdoor #アウトドア #fishing #フィッシング #camp #キャンプ #hiking #ハイキング…”

 

 デイ&ハーフで終わろうかと思ったのですが、色褪せで使用しなくなったデイパックがまだあるのと、3つも作ったので、グレゴリーで1番人気であろうバックパックのデイパックまでは作らねばと思い作ってみました。またしてもミシンがヘタクソ過ぎる。でもグレゴリーの特徴でもある「ジッパープルがカッコいい!」と思いました。アノラックスとかだともっとカッコイイかもしれません。でも縫製がやっぱりヘタクソ過ぎるので、着るのはいつの日か。

 

グレゴリーの哲学である「背負うのではなく、着る」をTシャツで表現するにあたり、バックパックをパロディーTシャツ(プリントしたネクタイとかがプリントされたTシャツ)でもいいかも?!っても思ったんですが、Tシャツくんを持っておらず、自分でシルクスクリーン印刷をできないのでリメイクにしたのですが、ミシンの下手さに自分を呪います。

 

はさみを入れる時は流石に躊躇しましたが、気づかない間に嫁さんに捨てられるよりは、リメイクして良かったと思ったリメイクでした。

 

Don't throw Carry,wear it.

 
 

ロゴにはブランドの想いが詰まっていると思った時のこと。

アーミーナイフ(十徳ナイフ)をはじめて手に入れたのが今から20年前。スケートパークなんてあまりない時代に歩道でスケートボードをしていたクソガキ。手に取るきっかけになったのが、当時ヤンマガで連載していた「ドラゴンヘッド」(単行本 2巻)でテルくんが首からぶら下げてる姿をみてしまったことでした。

 

即購入するべく街にくりだしてみると、似た様なロゴのビクトリノックスウェンガーのアーミーナイフ。当時、ネットで調べることなんて出来なかったので店員に教えてもらった情報のみで究極の選択をしました。

 

教えてもらった情報は、確かどちらともスイスのブランドというコトとビクトリノックスの方が歴史が古いというコトだったと思います。

 

その少ない情報の中で僕が選んだのは、ウェンガーのアーミーナイフ。決め手は、ロゴデザインだったことを鮮明に覚えてます。あと、缶切りのデザインが日本の缶切りと同じだったことです。

 

アミーナイフは、ウェンガー派?ビクトリノックス派?

 

この時、10年後デザインの仕事に就くなんて考えてもしなかったのですが、ビクトリノックスの盾のカタチよりも、シンプルなウェンガーの角丸のカタチを選択したことを記憶しています。

 

今はネットのおかげで色々調べることができます。ロゴも似ているし、ウェンガーの方が創業が遅いとわかれば、ウェンガーはパクリでは?なんて思う方もいるかもしれませんが、パクリじゃないんです。

 

デザインの仕事をするようになって改めてウェンガーのロゴを見てみると、創業者想いが伝わってくるんです。ヴィクトリノックスのへの挑戦や微妙に異なるプロダクトデザインなどをロゴに表現してるんです(違ってたらむごい)。

 

2013年にウェンガーは、ビクトリノックスに吸収されてしまいましたが、ウェンガーを手にとったことを今は、なんか誇らしく思ったりしてます。

吸収するということは、ウェンガーの細かいこだわりをビクトリノックスはリスペクトしてたんでしょうね。

 

そうそう。アーミーナイフを購入した時(ヤンマガ連載 「ドラゴンヘッド」単行本 2巻)は、どのブランドかわからなかったのですが、後々はっきりとウェンガーのロゴが描かれたナイフが出てきて(単行本 7巻)、「おぉっ!」って嬉しくなったコトと、作者の望月峯太郎氏もウェンガー派なのかと思ったコトを覚えてます。

 

デザインのことなんて知らないガキがデザインを楽しんでいたことをウェンガーのナイフをみて思い出しました。

 

こんな感じで、デザインのコトを考えてると「あっ!」って思うコトがときどきあるんです。

 

「あっ!」デザイン「あ」ってもしかしたら、その「あっ!」かもしれないとか。

 

アミーナイフは、私はウェンガー派。嫁様はビクトリノックス派。

 

ちなみに嫁様は、ビクトリノックス派です。

 

「あっ!」。この記事を読んで、オリンピックの佐野ロゴを見直してみてみると、少し違った想いが湧いてくるかもしれませんね。

 
 

Macのレインボーカーソルを紐解いてみた。

1番嫌いなアイコンを紐解いてみることにしました。
それは、Macのエラー時のレインボーカーソル(カラーホイール・レインボーホイール・ビーチボール・スピンアイコン)なんです。
MacのPCで仕事をしている方なら、嫌いな人も多いのではないでしょうか。急いでる時なんかに処理が遅くて出てくるアイコンなのだから。

 

Macのエラー時のクルクルは黄金比

 

けど、しっかり黄金比とかで作られているし、回転のスピードやなんかも遅すぎず、早すぎずでとても調整されているし、Appleの初期ロゴのレインボーだし、レインボーは「ラブア & ピース」ってイメージもあるし、ものスゴイアイコンだと思いました。

 

iphone-mania.jp

 
 

youtu.be

嫌いなアイコンでしたが、なんだか好きになってしまいました。スピード調整が難しかったので、時間がある時にもう一度トライしてみようかと思います。(YouTubeにアップしたら、かなり小さくなってしまいました。イライラさせてしまったらゴメンナサイ。)

 

 

Macを使用しているデザイナーが処理が遅い時にでるクルクルが黄金比やなんちゃらと知って、イライラ減るといいな。

 
 

[DTP]Photoshop アップデートによる設定の見直しについて。

このページでは、フォトショップのアップデート後、DTPの現場で危険な仕様への変更に伴う設定の見直しを追記します。

 

目次

 
 
・切り抜きツールの解像度設定

Photoshop 知らない間に解像度が変っていた

[切り抜きツールの解像度が常時350ppiになるように変更]
切り抜きツールの横×高さ×解像度ので切り抜きすると、解像度(初期設定 72ppi)もまとめて変更できるため、初期設定のままだと危険。解像度を350poi に変更して新規切り抜きプリセット保存もしくは、Photoshopを再起動すると常時、解像度が350ppiになる。

 
 

[昭和遺産]史上最強の販促ツールのマッチ箱に変わるものはあるのか。

デザインも面白いものが多く販促ツールとして活躍したマッチ箱。私は史上最強の販促ツールではないかと思っています。

 
 

最強の販促ツールのレトロなマッチ箱

[レトロなマッチ箱]

 
 

喫煙者も減りタバコが敬遠されるなかで、タバコグッズを販促ツールとして使うことは難しいと思います。そこで、外出時に必ず持つアイテムの中で史上最強の販促ツールのマッチ箱の代わりになるアイテムを探ってみることにしました。

外出時に必ず持つアイテム
スマートフォン
・財布(パスケース)
・鍵
・タバコ
・ライター

これらの中から考えるとスマホケース、キーホルダーになると思うのですが、販促ツール(無料)として扱うには予算的に難しいと思うのです。

私は購入したブランドのステッカーはバイクのメットに貼ってます。ブランドロゴのステッカーは、メットやバイク、車、ノートパソコンに貼っているのを見かけることが多いです。ステッカーの技術も進化し、昔よりは手頃な価格で受注することができるので、ステッカーなら史上最強の販促ツールのマッチ箱の代わりになるのではないのではないかと思うのですが、販促物(無料)のほとんどのステッカーは剥がすと白い残骸が残るシールが多く使い道がなく、即捨てしており手元に残っていないので、時間も費用もかかるのですが実験がてらに作ってみようと思います。

考えてみると私のスマホiPhone SEスマホケースはELECOMのカラビナバンパーケースなので正面にはれません。背面に貼ったとしてもほとんど手で隠れて見えない(デスクに置くと背面はもちろん見えない)のでどうしようか考えてたところ。はっ!と思いついたのが、名刺ケース。必ずもつアイテムではないのですが、さりげない秒殺自己紹介になるのではないかと思い作って貼ってみました。

ステッカーのレイアウトは難しかったですが目的を果たすことができるのか、次の名刺交換が楽しみです。


ノートPCにステッカーを貼るのはセキュリティ的に危険と研究者が指摘 - GIGAZINE
政治的なメッセージを含むステッカーは問題有りと指摘する研究者もいるようですが、ブランドのステッカーなら問題ないのではないでしょうか。ノートPCには正面に貼ると主張しすぎるので、キーボード面のトラックパットの横に貼ってます。

 

販促ツールにスマホや名刺カードに貼れるステッカーを検討してみては如何でしょうか。

 
 

[18.12.15 追記]

www.instagram.com

小物に貼れるサイズのステッカーが販売されるといいな。