わたしの“とか”ブログ | 明日からイクメンになる。

文章力を磨くため、私の色んな“とか”を時間がある時に書いています。

いじめで自殺する子ども達をなくすために、何ができるか考えてみた。

先日起こってしまった、虚しく儚い岩手のいじめの事件。
ニュースを見て涙がでました。
今回の事件は、先生のとった行動が悪いと思っています。現段階で調べた情報ではそう思います。
その子の辛さは計り知れません。その子の親の悲しみも計り知れません。

ご冥福を心からお祈り申し上げます。

 

ブログで何かに社会の何かに対して自分の意見を書くということは避けてきましたが、いじめで自殺する子ども達をなくすためには書くことしか出来ないと思ったので、書きます。

 

いじめが原因で自殺する事件は岩手の事件が初めてではありません。
事件がある度に色々な意見を聞きます。いじめた奴らを…。いじめた奴らが…。法律が…。法律を…。先生が…。先生に…。親が…。親も…。警察に…。警察が…。転校を…。いじめられる奴にも…。
無限にある意見がTV、ラジオ、ネット、SNSで流れます。
日が経ち次は“これからこの様な事件が起きない様に”と願いを込められた意見が流れます。
そして、しばらくするとまた別の事件は起き、なくなることはありません。

 

そんな中で子ども達がいじめにあわない様、自分がされたいじめ、見てきたいじめ、してきたいじめを思い出し、なるべく全ての意見に耳を傾け“気づいてあげる”ことができる様、子ども達を見守って生活しています。 それでも、愛する子ども達がいじめにあってることを知った時、私は何ができるのか考えてみました。 いじめた奴らを…。先生に…。警察に…。転校を…。

 

決めきれませんでした。 けれど、いじめられる可能性はあり、考えなければいけないと思っています。
いじめがなくなるとは思いませんが、いじめられている子を守る社会を作ることはできると思います。いじめられても生きていくために守れる法律があって欲しいと思います。
私の考える法律は、“いじめられてる子ども達が自分で自分の環境を変えれる為の補助金制度。”です。
転校する為に必要なお金。そこでの家族の生活が安定するまでに必要なお金。全てです。様々な意見を聞いてきて私はそう思いました。

 

いじめられてる子はいじめが終わらないことを知っています。転校して環境を変えることができないことも、知っています。親には絶対にいえません。先生が解決できないことも知っています。自分だけで変えることなできないことだらけで、解決策もなく生きているのです。 いじめられてる子が転校する事を自分で決める事ができ、親もその決めたことに合わせてあげることのできる法律ができ、いじめられてる子が自分で前を見ることのできる社会を望みます。

 

子ども達よ。壁は一緒にぶっ壊そう!

※現在、我が子はいじめられている様子はありません。

 
 

我が子へ。巨人からの手紙。